電子マネーを使ったクレジットカード現金化の方法

電子マネー現金化

クレジットカードの現金化の手段として、電子マネーを使った方法があります。

電子マネーとは現金などの実態のあるものではなく、データ上のお金のことです。

世の中には実に多くの電子マネーが乱立している状態ですが、これらを利用してクレジットカードの現金化を行うことが可能です。

誰でもできる方法ってホント?

やり方は簡単で、クレジットカードで電子マネーを購入し、それを専門の買取業者に買い取ってもらうだけです。

実際の方法としては、まず初めにクレジットカードで購入可能な電子マネーを探します。

電子マネーの中にはクレジットカードで購入できないものも多くあり、コンビニなどの店頭で購入できる電子マネーの多くは現金のみの対応となっています。

ただし、オンラインショップなどで購入できる電子マネーはクレジットカードで購入することが可能なものがありますので、それらの中から自分の好きなものを選んで購入します。

電子マネーには、カードタイプとEメールでやり取りするデータタイプがあります。

カードタイプは購入してから実際に手元に届くまで時間がかかったり、買い取ってもらう際にも手間がかかってしまうことから、できるだけEメールのデータタイプを購入するのがおすすめです。

また、電子マネーにはそれぞれ換金率が設定されており、それぞれ電子マネーによって異なっています。

できるだけ換金率の高い電子マネーを選んで購入するようにしましょう。

次に、電子マネーを買い取ってくれる専門の買取業者を選びます。

買取業者によって取り扱っている電子マネーは異なっており、更にはそれぞれの換金率も買取業者によって異なります。

数多くの買取業者がありますので、その中からできるだけ換金率が高いところを選びましょう。

しかし、買取業者の中には悪徳な業者もありますので、口コミなどを見て信頼できそうな買取業者を探してください。

最後に、実際に買取の申込みを行います。

買取業者への買取申込みのほとんどはホームページ上からの申込みとなります。

専用ページにて、名前や電話番号、メールアドレスなどを入力し、電子マネーのコードを入力して申込みを行います。

申込みには身分証明書と振込口座が必要になりますので、準備しておきましょう。

その後、特に問題なければ指定の口座に買取金額が振り込まれて完了となります。

早ければ電子マネーの購入から買取、現金化まで、最短で即日対応してもらうことも可能ですので、急ぎで現金が必要な際には有効な手段です。